ごあいさつ

otake2016_1                     同窓会長 大竹 寛


 

星城高等学校同窓会会員のみなさま、こんにちは。日々ご活躍のことと思います。

今年も同窓会総会で同じ学び舎を巣立った校友が、恩師、旧友と親交を深めて頂きたいと思っております。

今年は4回生会を計画しています。大勢の方の参加をお待ちしております。

昨年度は同窓会ホームページの活性化をと考え、進めて参りましたが、まだ思うように出来ておりません。そこで、今年度は閲覧者が増える様、更なる活性化を図って行きたいと思います。皆様のご協力をお願い致します。

今、様々な分野で世の中が刻一刻と変化しています。AIの活用で自動車の自動運転が始まっています。星城高校はそんな時代にも後れることなく学習環境を整え、創立者石田鏇徳先生の教育理念を継承され、新たなコミュニティーを協創するスーパーグローカル・リーダー(SGL)の育成に取り組んで頂いています。

将来、星城高校を目指して入学してくる生徒の為、在学中の生徒が卒業して社会に羽ばたく為、今後更なる歴史を築いてゆく為に、見守り応援します。

星城高校が益々飛躍することを祈りながら。

ishida                     理事長・学園長 石田正城


同窓会の皆様、今日はご清栄にてご活躍のことと拝察を申し上げます。

日本の教育制度の大きな改革は明治5年に初めて学制がひかれ、昭和20年の戦後のアメリカ指導の新教育制度、そして今日の社会環境が激変している中で教育再生会議において種々の方針が議論されています。その一つとして「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」があげられています。星城高等学校は、今年度文部科学省から指定校を受けました。(全国で20校)

これは新高等学校学習指導要領を踏まえ、Society5.0を地域から分厚く支える人材の育成に向けた教育改革を推進するためです。「経済財政運営と改革の基本方針2018」や「まち・ひと・しごと創生基本方針2018」に基づき、高等学校が自治体、高等教育機関、産業界等と協働してコンソーシアムを構築し、地域課題の解決等の探求的な学びを実現する取り組みを推進することで地域振興の核としての高等学校の機能強化を図るものです。

このことは創立者石田鏇徳先生の建学の精神を56年間に亘って具現化に努力をしてきた同窓生を初め関係各位の賜です。グローバル(世界観の確立)な視点を持ったコミュニティーを支える地域のリーダーを育成してまいります。同窓生の皆様には今後ともご指導、ご支援をいただきますようお願い申し上げます。

                      校長 四方 元


小説「次郎物語」の作者である下村胡人は、「白鳥蘆花に入る」を座右の銘にしていたと言われています。

蘆(アシ)の真っ白な花が咲き競う水面に、白鳥が静かに舞い降ります。すると白鳥の姿は白い蘆の花にまぎれて見えなくなります。ただ、蘆原がそよぎ出すことによって白鳥がそこにいると分かります。

本校に赴任して以来、同窓会の皆様からご支援をいただくたびに、私はこの「白鳥蘆花に入る」という言葉を連想するのです。部活動を始め、生徒の活動の表面には同窓会の姿はありません。しかし、いつも必ず陰で生徒の活躍を支えてくださっており、生徒の元気溌剌とした姿を通して同窓会からのご支援を推し量ることができるのです。皆様のこうした行動は、本校建学の精神である「報謝の至誠」を体現されたものであり、深い感動を覚えます。また、感謝の念は尽きません。

私たち職員は、本校生徒が一人も残らず人生の勝利者となるように指導に当たってまいります。そうすることがご支援を頂いている同窓会の皆様への恩返しにもなると考えています。

同窓会の皆様におかれましては、母校の発展に引き続き温かなご声援とご支援を賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。

            父母の会 会長 梶野文哉


星城高等学校同窓会の皆様におかれましては、益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

「平成」から「令和」に元号が変わりました。時代が変わるこの時に、昨日までを振り返りますと同窓会や同窓会会員の皆様の歴史にも様々あり、その長い歩みと大きな変化を感じる事と存じます。

星城高等学校における教育内容も大きく変化して、タブレットを使った授業や海外交換留学等様々あります。

更に大きな変化として、現在の2年生からは大学受験方法が変わるそうです。また、学校側でも大きな変化の波が来ています。SGLの認定を受けられ業務が増加する一方で教師も働き方改革の対象である為、大変な思いをされていると推察しています。

しかし、大きな変化があっても星城高等学校は見事に乗り越えられると信じています。それは同窓会の皆様が、在学中の生徒が卒業し社会に羽ばたく為の支援や学校行事諸活動を積極的に支援されているからです。これは学校にとって大きな力となるはずです。

我々父母の会も同窓会の皆様と一緒になって子供たちの為に学校行事や諸活動を支援させて頂きます。

最後に、星城高等学校と同窓会及び父母の会、三者の更なる発展を祈念申し上げます。

最近のコメント

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    同窓会事務局

    〒470-1161
    愛知県豊明市栄町新左山20
    星城高等学校内

    TEL:(0562)96-2155

    お問合せ・ご意見箱

    あしあと

    • 15673総閲覧数:
    • 10今日の閲覧数:
    • 18昨日の閲覧数:
    • 10401総訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数: